MONO COTO INNOVATION 2017

Q&A

  • facebook
  • twitter
  • お問い合わせ

Q&A

Q1.

塾や部活動の両立は可能ですか?

A.

両立は可能です。実際に皆さんが活動するイメージとして、1週間に1回程度チームでミーティングを行ったり、2週間に1回程度社会人のメンターとミーティングを行うことがあります。また、個人でアイデアを考えたり、プロトタイプを製作したいする時間も必要となりますが、やる気次第で両立は十分可能です。

Q2.

こういうプログラムに参加したことがないのですが、大丈夫ですか?

A.

大丈夫です。このようなプログラムに参加したことがない人でも、アイデアの出し方やチームメンバーとの議論の仕方などをレクチャーしますので、やる気さえあれば参加できるプログラム構成となっています。

Q3.

1人でも参加は大丈夫ですか?

A.

1人でも参加できます。キックオフイベントの時にチームビルディング(他校の生徒も含めてチームメンバーを決めていく作業)を行いますので、1人でも問題ありません。もちろんチーム(4名以下)で参加することも可能です。

Q4.

学校や家が会場の近くではないのですが大丈夫ですか?

A.

アイディア予選通過後のチームミーティングなどはチームごとに行うため、チームビルディングを行うときに地理的に近い学校に通う参加者や同じ学校の参加者とチームメンバーになれば問題ありません。またメンバーに地理的に離れた参加者が居たとしても、オンラインツール(Skype、Google docs等)を活用しながらオンラインでミーティングを実施することが出来るため、問題ありません。

Q5.

イベントに出席できないときはどうすればいいですか?

A.

キックオフイベントには出席してもらわなければ、チームに属することができません。キックオフイベントには出席してください。アイディア予選通過後のイベントについて、やむを得ない事情がある場合は欠席を認めていますが、その際はチームメンバーに了承を得てください。

Q6.

途中で辞めることはできますか?

A.

途中でやめることはできます。ただしチーム単位でアイデアを考え、プロトタイプを創っていくプログラムなので、チームメンバーと相談した上でやめるかどうかを判断してください。

Q7.

交通費と宿泊費は支給されますか?また、食事は出ますか?

A.

8月の予選大会については、東京駅∼自宅まで片道3時間を超える移動距離の学生を「遠方参加者」とし、下記の措置をとります。
【交通費】
遠方参加者には最大3万円の往復交通費を事務局が支給します。
交通費実費を8/10に申告していただき、後日精算とします。)
プログラム期間内の移動交通費は各自負担願います。
※つくば駅∼つくばグランドホテルのバスは事務局が費用負担
【宿泊費】
「遠方参加者」は五泊全て、他参加者は「つくばグランドホテル」に滞在する二泊三日の宿泊費を事務局が用意&費用負担します。
【食事】
つくばグランドホテル宿泊中の朝/昼/夕食は事務局が提供します。それ以外の食費については各自用意&負担願います。

Q8.

募集人数が超過した場合は、選考があるとありますが、選考の評価基準はどのようなものですか?

A.

基本的には申し込みフォームに書いて頂いた応募動機をみて選考します。
モノづくりスキルの有無、学力の良し悪しによって、判断することはありません。
何よりも、みなさんの挑戦したいという「想い」を優先します

Q9.

6日間全て参加できないと、参加NGですか?

A.

6日間のうち、途中の日程中に抜けるのは認めていません。
止むを得ず最終日だけどうしても抜けなければいけないという場合は、プログラム最初、チームを組む時に必ずチームメンバーに最終日は出れない旨を伝えてください。